ご挨拶

 

富士見防災通信株式会社は昭和55年5月創立以来、防災設備・電気通信設備の施工および保守を手掛けてまいりました。

東日本大震災の発生により、防災に対する世の中の意識は大きく変わったと思います。そして、多くの復興事業で建設された建物にはどれもこれも、最新の防災設備・電気通信設備が備えられています。日進月歩で発達する通信情報技術は防災のためにも有効活用されているのはもちろん、これから訪れる高齢化社会において、より便利でより安全な生活を支える基盤のひとつとなることは間違いありません。弊社では刻々と変化するニーズにも対応することができるように、技術の習得にも努めております。

富士見防災通信株式会社は、これからも防災設備・電気通信設備の施工から保守に至るまでのトータルサポートを通じて、地域社会のより便利でより安全な生活を支えてまいります。

富士見防災通信株式会社
代表取締役社長 志賀義平